ニュースリムの効果がスゴいらしいとネットで評判!

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

会員数1,299万人を超え、国内に直営店210店舗以上をもつ大手企業DHC。創業当初は、翻訳会社をしていて、DHCという名称はDaigaku Honyaku Center(大学翻訳センター)を略だって知っていました??

それくらい現在では、DHCといえば安全かつ機能性に優れた化粧品や健康食品など、様々な分野の商品を主に通信販売で取り扱っている会社として有名ですよね。ちなみにDHCは、健康食品事業に参入後、たった7年で通販健康食品での売上No.1を手にしたというから驚きです。

 

そんなDHCが販売しているダイエットサプリ。その名も「ニュースリム」が今大人気という情報をゲットしました!
しかも痩せたい人の、“食べたい!”という欲求を我慢せずに痩せることができるらしい…と話題になっているのです。ニュースリムのダイエットの仕組みはとても簡単で、太る原因である脂質・糖質・塩分・水分の吸収をブロックしてくれるのです。つまり、ニュースリムのおかげで、ダイエット中に多くの人がぶつかる、食事の悩みを解消することができます。

 

ニュースリムの人気はどんどん高まり、現在では売上個数1,900万個(!)を突破したといいます。これは一見の価値アリですよね。
ではここからは、ニュースリムのダイエット効果について探っていこうと思います。

 

ニュースリムに含まれている成分とそのダイエット効果とは?

ニュースリムがダイエットに効く理由。その秘密はニュースリムの成分に隠されています。

 

ニュースリムには、ダイエットを成功に導く8種類の成分と、ビタミンB?、B?、B?が凝縮されています。その成分のおかげで、食べたい!を我慢せずに食事をすることができるのです。多くの人が、過度な食事制限でリバウンドをしたり、運動が長続きせず、ダイエットに挫折してしまう中、とても効果が高いと人気になっています。
では、そんなニュースリムにはどんな作用があるのでしょうか?

 

それは、【糖質カット】【脂質カット】【塩分の吸収を抑制】の3つになり、それぞれ以下の成分が作用しています。

 

糖質カット ギムネマエキス、大麦エキス、ビタミン B?
脂質カット シトラスアランチウム、レシチン、大豆ペプチド、杜仲、ビタミン B?
塩分の吸収を抑制 メリロート、海藻

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

これらの成分が、あなたをスッキリした体に導くのですが、さらに個々の効果を細かく説明していきますね。

 

@ギムネマエキス
インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」で、糖尿病の予防、ダイエットの効果があるハーブとして使用されてきました。ギムネマエキスは、糖質の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があります。便秘解消の効果も持っていて、ダイエットの強い味方です。

 

A大麦エキス
日本の古い医学書である医心法に、体に良い食品として記されている大麦。コレステロールや血糖値の上昇抑制、便秘解消に効果の高い水溶性食物繊維と腸内環境を整え代謝を増やす不溶性食物繊維。どちらの食物繊維も豊富に含んでいます。

 

BビタミンB?
豚肉や玄米、大豆などに含まれるビタミンB?は、主食などのお米や麺類に多い糖質を分解し、エネルギーに変える働きを持っています。ビタミンB?が不足すると、脳に十分なエネルギーを供給できなくなったり、老廃物の代謝は悪くなり、むくみやすい体になってしまいます。

 

Cシトラスアランチウム
橙というみかん類に属する果実のことで、欧米ではビターオレンジと呼ばれています。苦味と酸味が強く、そのまま食べる果物には適していません。マーマレードの材料やポン酢、漢方薬として昔から活用されてきました。橙の皮には含まれるシネフリンは、アドレナリンを刺激する作用を持ち、体脂肪燃焼を促す効果があります。

 

Dレシチン
リン脂質の一種で、親水性(水となじみやすい)と親油性(油となじみやすい)の性質を持っています。これらの2つが混ざり合うと、乳化作用というものが起こります。乳化作用は、細胞内に栄養を取り入れる働きを持ち、同時に細胞内から老廃物を排出させる働きも持っています。乳化作用が起これば起こるほど、内臓に蓄積された中性脂肪やコレステロールを溶かし、排出させることができます。

 

E大豆ペプチド
大豆ペプチドとは、大豆のタンパク質が分解されたもののことをいいます。食事で摂取されたタンパク質は、そのままの大きさでは吸収できません。そのため、胃や腸で吸収しやすいよう小さくなっていきます。そんな体内に吸収されやすい大豆ペプチドですが、筋肉を回復し増強する作用があります。筋肉は消費カロリーが高く、ダイエット効果を高めることができます。

 

F杜仲
ダイエット茶として有名な杜仲。中性脂肪や内臓脂肪を減らすことのできる特定保健用食品第1号に認定されています。ダイエット効果は、杜仲茶に含まれるアスペルロシドという成分がもたらします。アスペルロシドは、脂肪燃焼の指示を出す胆汁酸の分泌を促すと言われています。そうすると、基礎代謝も自然と増加し、痩せやすい体になります。

 

GビタミンB?
レバーや納豆、牛乳に含まれるビタミンB?は、スイーツや揚げ物に多い脂質の分解、代謝を促します。ビタミンB?が不足すると、脂肪が体につきやすくなってしまい、ダイエットの効率が下がってしまいます。それを防いでくれます。

 

Hメリロート
メリロートは、日本でセイヨウエビラハギと言われるマメ科の植物です。メリロートは、様々なサプリに活用されている成分で、腸の老廃物を体外に排出させる作用があります。すると、血流やリンパのつまりが解消され、むくみの改善につながります。むくみが治ると、取れにくい脂肪の代表格であるセルライトも落ちやすくなります。

 

I海藻
海藻は、低カロリーでダイエットに活用しやすい食材なのですが、それ以外にも良い所を多く持っています。それは、海藻に含まれている、フコイダン・アルギン酸、フコキサンチン、DHA・EPAにあります。フコイダン・アルギン酸は、脂肪の吸収を抑制し、排出させます。フコキサンチンは、脂肪燃焼を促します。さらに、DHA・EPAは、内臓脂肪の蓄積や体脂肪の増加を抑制する働きを持っています。海藻は、ダイエットの天敵である脂肪を退治するのに効果的な食材になっています。

 

このように、ニュースリムに含まれている10個の成分が、あなたの体を痩せさせるために、さまざまな角度から体に影響を及ぼしてくれるのです。

ダイエットに効果的なニュースリムの飲み方とは?

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

では、次はニュースリムの効果的な飲み方を紹介していきますね。

 

まず、1日の目安量の4粒を水かぬるま湯で飲みます。ニュースリムは、食事で摂った糖質や脂質などに効果があるため、食べ物が胃に入ってくる前に、ニュースリムを飲んで胃の準備を整えておくとダイエットの効率が良くなります。ですので、食事前30分に飲んでおくのがベストですね。

 

そして飲む錠剤の数ですが、1日の目安量4粒を、食事の内容や量に応じて振り分けていくと覚えておきましょう。
例えば、飲み忘れそうな人は、朝食前に1錠、昼食前に1錠、夕食前に2錠などに決めておきます。1日の食生活でおやつを食べる習慣があれば、夕食の2錠のうち1回をおやつ前にするといったように、自分なりに振り分けて行くのです。

 

これはほんの一例ですので、もし夜に重めの飲み会が控えているなら、夜に4錠全部飲んでもいいわけです。自分が糖質や脂質を多くとるかもしれない食事の前に、上手に振り分けていくことが重要です。

ニュースリムに副作用ってあるの?

ニュースリムを飲んでいた人の経験談をネットで探していても、とくに副作用らしきエピソードを上げている人はいませんでした。
とはいえ、もっと探したらあるのでは…と思い掘っていくと、いくつか(私の調べでは5件以下だった気がします)の口コミでは副作用の報告があったので、ここで紹介しておきますね。

 

まずは、下痢です。
ニュースリムには、腸の老廃物を体外に排出させる作用があります。すると、腸の動きが活発になり排便が促されます。また、ニュースリムの成分により脂カットされた脂質や糖質は消化されず、そのまま体外に排出されます。すると、以前より便の量が増え、腸の動きも活発になり、下痢が起こりやすくなっている可能性があります。
他に、湿疹や関節痛を訴えが1件ずつありましたが、こちらに関しては原因を調べることができませんでした。

 

このようにニュースリムに関しては、副作用について過敏に考える必要はなさそうです。

 

ニュースリムの口コミを調べてみました!

副作用の項目でも少し出てきましたが、すでにニュースリムを愛用している人たちはどんな感想を持っているのか口コミを調べてみましょう。さすがに大手のダイエット薬です。検索すると、様々な口コミが存在します。
ここでは、その一部を紹介していきますね。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

ニュースリムの良い口コミ@
DHCという大手のダイエットサプリだから安心!
以前飲んでいたダイエットサプリで、下痢を繰り返した経験がありました。その時は、カロリーカット系のものを飲んでいたので、カット系サプリへの恐怖がありました。でもニュースリムで、そのような副作用は一切なし。やっぱり大手は安心です!

 

ニュースリムの良い口コミA
便通が良くなり、1カ月で3s減達成!
私は便秘だったり下痢だったりと、1カ月で体調が変動するのが悩み。なので、体重の増減が激しく、自分の本当の体重が分からない…。でも、ニュースリムを飲み始め1週間でその悩みが改善したのです。体重管理もスムーズに行えるようになって、気づけば1カ月で3sも痩せました!

 

ニュースリムの良い口コミB
長く販売され続ける秘密は、やっぱり効果の高さですね!
ニュースリムは、私が高校生の時からありました。ただ、使ったことはなかったので、今初めてお試し。すると、たった2週間で2sも痩せることに成功しました。効果が高いから長く販売され続けてるし、リピーターも多いのでしょうね。

 

ニュースリムの悪い口コミ@
ちょっと期待しすぎたかなぁ…
好きなものを食べても太らないっていうのが売りだったので、わくわくして試したのですが1カ月で1sくらい増えてしまいました。あまり食べる量は変えていないのに…。昔飲んでいた脂肪カットに特化したサプリのほうが私は痩せられました。

 

ニュースリムの悪い口コミA
体重はとくに変わりませんね…
太ることはなかったのですが、痩せることもなかったです。まだ1カ月だから、もう少し時間が経てば痩せはじめるのかもしれません。ただ、待てるかわかりません。みんなどれくらいで効果が出はじめたのでしょうか??

ニュースリムはAmazon、楽天で買える?どこで購入するのがおトク?

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

ニュースリムは、DHCの公式ホームページやAmazon、楽天など様々なサイトで購入できます。DHCのサプリメント専門の販売している店頭も全国各地にあり、最近ではコンビニにも常備してあるのもお手軽に買えて嬉しいですよね。お値段に関しては、購入方法によって変わります。ここでは1袋(30日分)のもので比較していきますね。

 

公式サイトの通販では、通常価格2,419円。
定期コースで購入すると毎回5%OFFになります。
そして、Amazonは送料無料の2,200円。
楽天であれば、送料別の1,968円になっています。

 

どちらも値段だけみると安くはなっていますが、Amazonは定価2,419円が今だけ値引きになっています。ですので、いつ定価に戻るかわかりません。楽天に関しては、1,968円にここから送料が加算されますので、あまり値段が定価と変わりません。そうなると、公式ホームページの定期購入が、一番格安かもしれませんね。ただ、DHCでの通販は、3,000円以上から送料が無料になりますので、1回でニュースリム2袋とか他のサプリメントも一緒に買うとさらにお得だと思います。

 

最後に注意していただきたいのは、Amazonや楽天は、公式サイトからの販売ではないので、偽物がないとは言いきれません。そこに関しては、自己責任でお願いしますね。

ニュースリムと同じくらい効果がある商品はコレ!

さて、ここまでニュースリムの効果について色々と紹介しましたが、早速このニュースリムを試して見たい!と思った人も多いはずです。ただ、ここで一度頭を冷やしてください…。

 

確かにこのニュースリム、人気のアイテムだけあってそれなりの効果は期待できるのですが、食べたものをすべて“なかったこと”にしてくれるほど、魔法のサプリメントではないからです。ニュースリムは、脂質カットや糖質カット、塩分の吸収を抑制する効果はあるのですが、効果を過信しすぎ、食べ過ぎては効果も半減してしまうのです。過度な食事制限は必要ありませんが、適量の食事というのは守る必要があるわけです。

 

やっぱりそんなに都合のいいサプリなんてないんだ…。
そう嘆いている人もいるかもしれません。でも、ご安心ください!
ニュースリムに負けず劣らず、もっと言えば結構な感じで“なかったこと”にしてくれる商品が存在するのです! しかもそれは簡単に購入することができます。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

それが、ここから紹介する『シボヘール』(株式会社ハーブ健康本社)です。

 

シボヘールは、肥満気味の方の体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすことができるダイエットサプリメントとして発売されました。まだ、発売されてそんなに時間が経っていないにも関わらず、その効果を高く評価する人がたくさんいるからビックリです! しかもシボヘールは、臨床試験でその効果が検証され、機能性表示食品に認定された商品です。

 

というわけで、シボヘールの何がそんなにスゴイのかを簡単に説明していきます。その秘密は、シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」にあるようです。

 

この「葛の花由来イソフラボン」は、マメ科の植物である葛の花から抽出されたもの。葛(くず)は、古くから漢方や食用で取り扱われ、お正月の七草のひとつとしても有名です。根を乾燥させて作られる漢方は、葛根(かっこん)と呼ばれ、日本薬局方に登録されている生薬。これらは、発汗・鎮痛作用があって、病院でも処方される薬にもなっているのです。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

そんな葛の花部分に含まれる「葛の花由来イソフラボン」は、今まで溜まっていた内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させ、余ってしまったエネルギーが脂肪として蓄積するのを防ぐことができるという効果を持っています。
さらに、もう一点「葛の花由来イソフラボン」のスゴい所は、従来のダイエットサプリでは、数種類のサプリメント飲まなければ痩せることが難しかった様々な成分を、「葛の花由来イソフラボン」は、たったそれだけで補ってくれるところ。これはある意味、ダイエット業界では大事件で、大発見とも言える大きな出来事だったのです。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

『シボヘール』は、体重・お腹の脂肪・ウエストの3点に効きます!

シボヘールは、大きく体の3つの部分に対して効果があります。

 

一つ目は、肥満気味の人への体重減少の効果。
二つ目は、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)への効果。
三つ目は、ウエスト周囲径への効果。

 

シボヘールは、この3点全てに効果のあるダイエットサプリです。
さらにシボヘールの優秀な点は、すでについてしまっている中性脂肪と、今からつく可能性のある中性脂肪の両方に効果があることです。臨床試験で12週間服用し続けた対象者は、摂取していない人と比較して、腹部の脂肪:平均-20p2(内臓脂肪8p2、皮下脂肪13p2)、ウエスト:平均-9p2、体重:平均-1.2sという結果を残しているのです。

 

皮下脂肪や内臓脂肪は、9割近くが中性脂肪からできています。とくに皮下脂肪に関しては、徐々に蓄積されていくものなので、落とすのに時間がかかります。皮下脂肪は、体温を保ち、女性の美しい曲線を作り出している脂肪ですが、つき過ぎるとセルライトの原因となり、だらしない体になってしまいます。さらに年齢を追うごとに、脂肪を燃焼、分解する力はどんどん低下していくので、昔と変わらない生活をしていても、なぜか太ってしまうのです。思い当たるフシのある方もいるのではないでしょうか?

 

そんな悩みに効果的なのが、シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」です。今ついている脂肪を分解し、再度エネルギーにする力、分解された脂肪を燃焼することができる褐色脂肪細胞の力を高める能力を持っています。さらに、肥満の原因である中性脂肪が作られるのを抑制することも可能です。
これらの効果は全て臨床実験で検証され、国に認められているので、機能性表示食品として扱われています。原材料のマメ科の植物である葛は、花の部分だけではなく、根の部分は漢方として医療薬にも使われていて、私たちの体のあらゆる面に効果がある植物と期待されているのです。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

「葛の花由来のイソフラボン」が、今と未来の脂肪を撃退!

「葛の花由来のイソフラボン」は、今まで溜まっていた内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させ、余ってしまったエネルギーが脂肪として蓄積するのを防ぐことができるのですが、一体どのような仕組みでその効果が生まれているのでしょうか。
ここでは、「葛の花由来イソフラボン」の3つの脂肪撃退メカニズムを解説していきますね。

 

@中性脂肪が作られるのをブロック!
脂質が分解されることでできあがる中性脂肪は、小腸で吸収されて血液内を流れはじめます。しかし、エネルギーとして活用されればいいのですが、余ってしまったぶんは体に蓄積されてしまうのです。そんな時「葛の花イソフラボン」は、肝臓で行われている中性脂肪の合成を抑制してくれます。そして、中性脂肪に変わることのなかった脂質は、そのまま体の外へと排出されていくのです。

 

A体についてしまった脂肪を分解!
「葛の花由来イソフラボン」は、一度体についてしまった体脂肪を再度エネルギーとして活用できる成分に分解する働きを持っています。体脂肪は、脂肪酸へと分解されることで、また体の消費エネルギーとして活用できる状態になります。年齢が高くなると、この分解作業の効率が下がってしまうので、太りやすくなる人も多いようです。

 

B脂肪燃焼を促進!
体についた脂肪が脂肪酸に分解されると、また消費エネルギーとして使える状態になります。そんな脂肪酸は褐色脂肪細胞によって燃焼されるのですが、ここで「葛の花由来イソフラボン」が大活躍します。衰えてしまっている褐色脂肪細胞を促し、脂肪酸の燃焼パワーを高めることができるのです。

 

シボヘールは、これら3つの力が揃ったことで、臨床試験で素晴らしい結果を残しました。シボヘールを12週間摂取した人は、摂取していない人と比較して、お腹周りの脂肪が平均20p2減しているというデータもあります。さらには、当然ウエストや体重までも一緒に減少させることに成功しているのです。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

シボヘールは、「機能性表示食品」にも認定されています!

ところで、先ほども出てきた「機能性表示食品」というキーワード。皆さんはこの言葉を聞いたことがありますか?

 

「機能性表示食品」とは、健康の維持及び増進に役立つなど、食品の機能性を表示することを許された食品。つまり、商品を開発した企業が、その商品を販売するにあたり様々な臨床試験を行い、その効果についてちゃんとした科学的根拠を国に届けて、認められた商品のことなのです。こうした国が認めた商品であることをしっかり謳ってもよくなったのは、平成27年4月までは国が個別に許可した特定保健用食品、または国の規格基準に適応した栄養機能食品のみでした。しかし、「機能性表示食品」というカテゴリーができたことで、我々消費者がより正確な商品情報を知ることができるようになったのです。

 

そんな「機能性表示食品」の商品パッケージには、機能性に加え、1日の摂取目安量、摂取方法、目安量を摂取した場合にどれくらの機能性関与成分を摂ることができるのかなど、重要な情報が記載されています。以前は効果に関して曖昧で、過大評価されていたものが多く存在していたサプリメント業界ですが、この「機能性表示食品」の表示ができたことによって、我々消費者は正確な判断基準ができたのです。

 

もちろん、シボヘールも「機能性表示食品」の1つです。ということは、国からお墨つきをもらった商品ということ。これは確かに効果が期待できますよね。
でもまだまだ信用できない人も多くいるはずです(笑)。
というわけで、次からはシボヘールを実際に使ってみた体験談を紹介していきますね。

シボヘールは本当に効くの? 早速、試してみました!

いわゆる私はブロガーです。ジャンルは「食」。
自分でいうのもなんですが、女子目線ではじめた私のブログ、当初はアクセス数も微々たるものだったのですが、持ち前の“食いしん坊キャラ”が功を奏してか、「使える情報が満載!」「女子ウケするお店がわかる!」など、自分でも意図していなかった評価をいただき、アクセス数は年々増えています。

 

でも、アクセス数が増えているのは嬉しい限りなんですが、一つ問題がありまして…。

 

それは私の体重です。

 

ブログのアクセス数同様、体重も右肩上がりでして(苦笑)。
それまで、40キロ台だった体重が今では60キロ台に突入…。
久しぶりに会った友人には開口一番、
「太った?…よね?(笑)」
というお言葉を頂戴します。

 

無理もありません。
最近ではブロガーの世界も大変で、浅い記事ではユーザーからそっぽ向かれます。また、“なんちゃってブロガー”も入れると、相当な数のライバルが存在します。そんなこともあって、それまでは「美味しいお店紹介」だった私のブログは、一番得意なジャンル「ラーメン」に絞ってリニューアルしたのです…。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

これが体重増に拍車をかけました…。
そりゃそうですよね。だって日々、美味しいラーメンを食べていますし、仕事中(OLなんですが…)暇さえあればその日に食べるお店を検索しています。しかも、週末には地方にだって出かけます。
ぶっちゃけ1週間に何杯くらいのラーメンを食べているんだろ?? パソコンを開けばすぐにわかるにですが、ちょっと怖いからここでは書くのはやめておきますよね…(涙)。

 

体重が増えたからといってブログを閉鎖するか?と聞かれれば、それはありません。だって、私のようなただの食いしん坊のラーメンネタを楽しみにしてくれている人もいるんですから…(涙)。

 

そんな私がワラをもすがる思いで辿り着いたのがダイエットサプリ、それも“なかったコト”系のやつを飲むことでした。だって最高ですよね。好きなラーメンを食べる前に飲んでおけば、脂質はすべて体外に排出してくれるんですから!

 

でも、“なかったコト”系のサプリといっても結構な種類があります。
そこで友人のダイエットブロガーA氏に聞いたところ、「それならぴったりなやつがあるよ」と言われて紹介されたのが『シボヘール』でした。しかも同社から販売している『シボガード』と併用するのがいいと言います。このA氏、だてにこのジャンルで人気ブロガーではありません。ダイエット系に関してはハンパない知識を持っています。ですから、ここは大人しく従うことにしました。

 

A氏曰く、私のお腹周りについているお肉や内臓脂肪は『シボヘール』が分解してくれ、記事制作のために日夜食べているラーメンに含まれている様々な太る要素(脂ぶんとか)は『シボガード』がブロックしてくれるんだそうです。

 

さて結果はと言えば…、飲み始めてすぐに実感があったのが、お通じが盛んになってきたことです。もともと便秘気味だった私にとって、これは嬉しい限りでした。しかもちょっと汚い話ですが、便と一緒に油が浮いているというか…、食事で取り込んだ脂質を体外に出しているような感覚があります。

 

そして、飲み続けること1週間。ななんと、体重は驚きの2.2s減! ちなみに運動はしていません。そのまま1カ月飲み続けたのですが1カ月でなんと4.2s減に成功したのです。ただし、体重が減ってきたことに気分をよくした私は、お目当てのラーメン屋の行き帰りに極力ウォーキングをするようにしていました。そうすると、なんだか脂文が体外に出ていってくれるような気がするんですよね(笑)。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

今は欲が出て、40キロ台まで戻そうなんて都合のいいことも考えています(笑)。
本当にA氏に感謝です。ラーメンを食べながら、『シボヘール&シボガード』と一緒に理想の体重まで戻すぞ!

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

より効果を上げるシボヘールの正しい飲み方とは?

シボヘールの飲み方は、とても簡単です。
1回に4錠をぬるま湯かお水と一緒に飲むだけで良いのですが、タイミングや飲む錠剤の数を調整すれば、もっと効果が上がるかもしれないと期待する人もいますよね。
そこで、ここではより中性脂肪の燃焼が効果的に行える飲み方を調べてみました。

 

そのためにはまず、公式ホームページに掲載されている、シボヘールの腹部脂肪・ウエスト・体重の減少値を示す臨床結果のグラフに注目してください。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

シボヘールを飲み始めて大体4週間では、そこまでの大幅な減少は見られません。しかし、8〜12週目にさしかかると、一気に落ちてきている人が多いことがわかります。しかも、お腹の脂肪に関しては、8周目を過ぎたあたりの早い段階でぐっと下がっているのです。このデータからわかるのは、シボヘールは長期間服用することで効果が発揮できるダイエットサプリだということです。

 

私の場合は、普段の食生活を変えることなく飲んでいたのですが、6週目くらいにはウエスト周りの張った感じはまったくなくなり、太ももなどの一番気になっていた部分が細くなっていくのも実感できました。下半身太りだったのですが、中性脂肪が溜まっていたんだなぁと今更ながらに感じでいます。

 

その他、飲むタイミングや量に関してですが、シボヘールは飲むタイミングよりも、忘れずに飲み続けることが重要です。シボヘールの効果は何度も説明しているように、脂肪の合成を阻害、脂肪の分解を促進、脂肪燃焼の促進です。脂肪の合成の阻害に関しては、摂取した脂肪に対して、毎回即効性で働いてくれます。しかし、脂肪の分解と脂肪燃焼は、分解→燃焼の流れで促進されなければ、なかなか効果が感じにくいものです。そのため、継続的に摂取することで、この流れを止めることができるかがキーになってくるのです。

 

ですので、朝起きた時や食事前など、自分が忘れずに飲めるタイミングで摂取することが好ましいと思います。臨床試験では、一度に4錠全部飲むことで、中性脂肪を減らすことができるという機能性が検証されています。複数回にわけるのではなく、一気に飲んでしまうのが良いようです。

 

あと、食品ですので多く飲んでも問題はないのですが、やはり過剰に飲んだからといって効果が高まることはないようです。副作用はないにせよ、適量は守ってください。気長に効果を待てば、必ず中性脂肪は減りますからね(笑)。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

シボヘールの副作用について調べて見ました!

シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」については、他の項目で紹介してきました。
でもその他の成分はどんなものが入っているの?
副作用とはないの?
そんな心配をされている人もいるかもしれませんので、ここではシボヘールの全成分の安全性を確認していくことにします。

 

シボヘールの成分@:還元パラチノース
砂糖のような甘さをもつ成分で、カロリーは砂糖の半分しかありません。甘いのですが、虫歯なることがないのが特徴です。ガムや飴玉などにも使われていて、噛む砕くタイプの錠剤が飲みやすいように使われていることがよくあります。様々な食品に活用されていて、安心できる成分です。

 

シボヘールの成分A:セルロース
食物繊維でできていて、食べたとしてもそのまま体外に排出されます。サプリメントの形状を保つのに使われる成分です。

 

シボヘールの成分B:ショ糖脂肪酸エステル
サプリメントに粘りを出すことで、固まりやすくするのによく使用されます。様々な錠剤でも活用されているので問題はありません。

 

シボヘールの成分C:二酸化ケイ素
サプリメントのカプセルなど錠剤のコーディングに活用されています。病院で処方される薬にも使われていて、薬の成分を保護する役割があります。毒素試験も行われていて、FAO/WHOという添加物などの安全性評価を行う会議でも、認められています。

 

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

 

このように、シボヘールに入っている成分はほとんどが他の食品や薬などでも活用されていて、安心して飲めるもので構成されています。ただ、シボヘールの公式サイトにも書かれていますが、いくら健康によい物でも過剰摂取はオススメしていません。1日4粒で機能を発揮できる仕様になっているので、規定量を守ることが大事なのです。また、妊娠中・授乳中の方を対象に開発されて商品ではないため、こうした人はかかりつけ医に相談する必要があるようです。
シボヘールは副作用の心配のないサプリメントですが、使用方法は必ず守って活用してくださいね。

 

『シボヘール』は自社サイトでしか購入できません!

ニュースリム,効果,口コミ,痩せる,飲み方,副作用,危険

シボへールはサイトでのみ購入ができるダイエットサプリメントです。

 

そこで公式サイトを覗いて見ると、どうやら「らくらく定期便」というプランがオススメのようです。この「らくらく定期便」、珍しいことに継続購入などのしばりがなく、いつでも好きなときに解約することができます。解約方法はとても簡単で、ネット環境があれば可能です。スッキリ通販のWEB会員専用ページでログインし、解約手続きをすれば終了。電話が苦手な人からすれば、嬉しいかぎりです。

 

お値段はなんと初回は980円(税込)!通常は3,218円(税込)というから超お得ですよね。
ただし2回目からの購入は2,808円(税込)に切り替わります。でも1カ月でこの値段なら、かなりお手頃価格です。おまけに送料も無料です。

 

それでもやっぱり定期購入は嫌だなと思う人は、なんと電話での受付限定で10日間のお試しサイズもあります。お値段はワンコインの500円(税込)。これなら買いやすいですよね!
さらに良心的なのは、お1人様3袋まで購入ができる点。サプリメントはやっぱり10日くらいでは効果はわからないですし、1カ月は続けて自分に合っているか試したいところです。とにかく気になった人は、まずはシボヘールの公式ホームページにアクセスしてみることをオススメします。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

もう一つの商品、シボガードとは?

「株式会社ハーブ健康本社」で販売されている機能性表示食品には、シボヘールともう1つ、『シボガード』という製品があります。どちらも中性脂肪に対して効果があるのですが、その違いを理解し、併用すればさらに効率よくダイエットを成功へと導くことができるようです。
以下は、シボヘールとシボガードの特徴を表にまとめたものです。

 

シボガード シボヘール
主成分 葛の花抽出物 ターミナリアベリリカ抽出物
全成分 還元パラチノース、葛の花抽出物/ セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 還元パラチノース、ターミナリアベリリカ抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
作用

・血中中性脂肪上昇抑制
・体脂肪分解
・脂肪燃焼促進

・血中中性脂肪上昇の抑制
・血糖値上昇の抑制
・抗酸化作用

効果

・すでについている体脂肪を減少できる
・食後に上がる中性脂肪を抑える

食後に上がる中性脂肪を抑える
臨床結果

12 週間服用の結果
@ 腹部の脂肪:平均-20 p2(内臓脂肪 8 p2、皮下脂肪 13 p2)
A ウエスト:平均-9 p2
B 体重:平均-1.2 s

@ 食事の中性脂肪を 50%カット
A 8 週間摂取し続けた結果、平均 10%の体重減

価格

定期購入初回 980 円(税込)
2 回目以降 2,592 円(税込)
【通常価格 2,970 円(税込)】
※いつでも解約可能、送料無料

項定期購入初回 980 円(税込)
2 回目以降 2,808 円(税込)
【通常価格 3,218 円(税込)】
※いつでも解約可能、送料無料

 

シボヘールとシボガードの違いを簡単に説明すると、シボガードは摂ったばかりの中性脂肪に対して即効性があり、シボヘールは長年体に蓄積されてきた中性脂肪に効果がある遅効性のダイエットサプリだということです。どちらも機能性表示食品なので効果に関しては申し分ありません。ですので、脂っぽい食事が続くときやそのような食べ物が好きな方はシボガードを助っ人として活用し、普段使いにはシボヘールをという二刀流がオススメのようです。

 

さて、みなさんいかがでしたでしょうか?
シボヘールそしてシボガードに興味が出てきた人は、まずは公式ホームページにアクセスすることをオススメします!
みなさんも是非、シボヘール&シボガードで理想のボディを手に入れてくださいね。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/